仮題「生まれ変わったら」

作詩: #yurkar

作詩❶

もう1度、生まれ変わったら

貴方と一緒になりたい

貴方を探して出逢って恋をして結ばれたい

人生もう1度やり直せるなら嬉しい

これ以上に嬉しい事はないよ

今までの事を片付けられる恋

冷たい人の目などに惑われずに

もうこれ以上、ウソはつきたくない

正直に言わない自分は自分(うち)じゃない!

「明日も頑張ろう」 「明日も話そう」

残したかった思い出 伝えたかった愛

ちゃんと手、握り誓う言葉を

貴方じゃなきゃムリ

貴方じゃないと不安なの

もう電話するの辞めて

貴方の顔みて声を聞き話したい

会えない日々の辛さに泣きたくはないよ

貴方の事どれくらい大好きなのか

日常生活(せいかつ)の中で分かったんだ

心と心の居場所は,やめて

もっと近くに居て

幸せそうな笑顔になれたら

貴方が心の支えだった

太陽みたいな素敵な言葉にいつも温かくて嬉しくて泣いた

少しだけ誰かの事を優しくできるようになったのも貴方の変わらない優しさがあったからだと日々しみじみ感じてるよ

2人とも生まれ変わっても

貴方は貴方のままで

うちは、うちのままで

恋の物語(ストーリー)をするんだ

:うちが貴方と始めたいんだ

ずっと居て欲しいんだ

幸せになりたいんだ

天気のイイ休日は手を繋いで美味しいお店に行って

星が見える夜は体を重ねて

背中に背負った傷

心に吹き刺さった傷を癒して温もりを与え合う

今までとは違う幸せを感じ会えたら

作詩❷

いつの日か生まれ変わったら

貴方と一緒に生きたい

貴方を見つけて語ってキスをしてハグをしたい

人生もう1度チャンスくれるなら幸せ

もう今日(いま)を投げ出してしまいたい

今までの事を灰にして散る恋

冷たい視線、世の中は気にしないで

ウラへと隠すガマンの限界だ

仮面をかぶっている自分は自分(うち)じゃない!

「あれも、しようね」

「これも、したいね」

果たせなかった約束 叶えたかった夢

ちゃんと瞳(め)を見て“愛の言葉”を

貴方じゃなきゃダメ 貴方じゃないとイヤなんだ

もうメールするの辞めて

貴方と向き合い日々感じ過ごしたい

会えない日々の寂しさ隠したくないよ

貴方の事どれくらい必要なのか

離れてる間に分かったんだ

心と心のやり取りは、やめて

もっと隣りで聞き

楽しそうな会話になれたら

明日への生きる希望だった

青空のようなキレイな心にいつも癒されていた

励まされていた

少しだけ誰かの事を気遣いできるようになったのも貴方の変わらない気遣いがあったからだと日々しみじみ感じてるよ

病気なく生まれ変わっても

貴方は貴方のままで

うちは、うちのままで

恋の階段、上るんだ

:うちは貴方と二人で居たい

運命を逃したくない

そっと居て欲しいんだ

調子のイイ休日は楽しい事を美味しいお店に行って

調子のイイ夜は体を重ねて

背中に背負った傷

心に吹き刺さった傷を治して愛情を与え合う

今までとは違う幸せを感じ会えたら

死ぬ事は

怖くない生まれ変わったら貴方と一緒になる事を決めたから

現在(いまは)別々(べつ)で生まれ変わったら貴方と一緒になる夢が叶えられたら